各号の組み立て動画はこちら!
オンラインショップはこちら
送料無料 定期購読を申し込む
1976年 F1 イン・ジャパンのティレル6輪を組み立てよう!
1/8 scale マルチマテリアル 全長約51cm
1月24日(木)創刊!! 創刊号特別価格190円(176円+税)
定期購読をお申し込みの方へ 貴重なプラス特典をプレゼント!! 通常の定期購読ギフトにプラスして、Tyrrell P34の企画段階、1974年に描かれた設計図(復元)を、定期購読をお申し込みの方全員にプレゼントいたします。こちらの設計図(復元)は、Tyrrell Promotions Ltdにて最近発見されたもので、他では手に入らない、極めて貴重な資料です
今なら
  • お届けは30号を予定しております。
  • 既に定期購読をお申し込みの方にもお送りいたします。
  • 写真は原図になります。
購読者特典! 定期購読をお申し込みの方にもれなく素敵なプレゼントを差し上げます!
特典1 1/43スケールモデルと特製銘板セット
# 4 パトリック・デパイユのティレル P34 1/43スケールモデル 特製銘板
特典2 特製ディスプレイボードとオリジナル記念プレート
特製ディスプレイボード オリジナル記念プレート ディスプレイボードに貼付することが出来ます! 最終号でお届けします
※実際の商品は写真と異なる場合があります。
全員にすばらしいプレゼント! 毎号自宅までお届け 配送料無料 毎号必ず手に入る

日本のファンが歓喜した追憶のモデル #3 ジョディー・シェクター車を徹底再現!

To all readers,
On behalf of the Tyrrell family, I would like to thank Hachette Collections Japan for all the work they have undertaken to design and produce the new Hachette 1/8 scale model of the Tyrrell P34.

Over the last year, we have enjoyed helping Hachette with archive material and original design drawings to enable them to produce a faithful reproduction of the original.

The result of all this work is a superbly detailed and accurate model which is a testament to the skill of all Hachette’s staff who have been involved in its design and production.

I am sure that all customers will have great satisfaction and enjoyment in building Hachette’s superb model of this legendary F1 machine.

When my late father, Ken Tyrrell, made the decision to build the world’s first 6 -wheeled F1 machine for the 1976 F1 World Championship, I am sure he had no idea that, over the next 40 years, P 34 would become one of Formula One’s great icons.

Thank you, again, for continuing the Tyrrell tradition and history with this new addition to the Hachette collection.

Bob Tyrrell
Bob Tyrrell
5 December 2017
Bob Tyrrell (ボブ・ティレル)
元レーシングドライバーで、F1コンストラクター・ティレルのオーナーであったケン・ティレル氏の息子。現在はTyrrell Promotions Ltdで取締役を務める。

読者のみなさまへ

ティレルファミリーを代表して、新しいティレルP34 1/8スケールモデルのデザイン、制作に尽力していただき、アシェットのみなさまに感謝申し上げます。

この一年、アーカイブ資料や当時のデザイン画の提供を通して、オリジナルモデルの忠実な再現を手助けできたことは、私達にとっても、喜ばしいことでした。

その結果できあがってきたものは、見事に緻密で正確なもので、デザイン、制作に関わる全てのアシェット社スタッフのスキルを証明するものです。

私は、この商品をご購入いただく全てのお客様が、見事に再現された伝説のF1マシンの組み立てを楽しまれ、大いに満足されることを確信しております。

私の亡き父、ケン・ティレルが1976 年F 1世界選手権へ向けて、世界初の6輪F1マシンを制作することを決心した際、彼はそのP 34 が40年後に、F1のアイコンのひとつになるとは、夢にも思っていなかったでしょう。

最後に、アシェットのコレクションのひとつとして、ティレルの伝統と歴史を伝えていただけることに、改めて御礼申し上げます。

Bob Tyrrell
ボブ・ティレル
2017年12月5日
Bob Tyrrell
(ボブ・ティレル)
元レーシングドライバーで、F1コンストラクター・ティレルのオーナーであったケン・ティレル氏の息子。現在はTyrrell Promotions Ltdで取締役を務める。

1976年 F1世界選手権イン・ジャパン #3 チーム・ティレル ジョディー・シェクター

1/8 scale マルチマテリアル 全長:約51cm 全高:約13cm 全幅:約25cm

1/8 スケールモデル 完成サイズ

縮尺 1:8
全長 約51 cm
全幅 約25 cm
全高 約13 cm
材質 マルチマテリアル
(金属、ABS樹脂、軟質樹脂 ほか)

ティレル P34 主要諸元

製造社 ティレル
設計者 デレク・ガードナー
シャシー アルミニウム・モノコック構造
トランスミッション ヒューランド製 FG400、マニュアル5速
ホイールベース 2 ,453 mm
前トレッド 1, 234 mm
後トレッド 1,473 mm
重量 595 kg
エンジン フォード・コスワース DFV、V型8気筒、2,933 cc
475 hp / @10,000 rpm
ガソリン エルフ
タイヤ グッドイヤー
ダンパー コニ

1976年 F1世界選手権イン・ジャパン雨中の決勝レースの仕様を完全再現!

日本開催のグランプリレースのために用意された「しえくたあ」「たいれる」のマーキングを再現。昭和51年当時、日本でティレルは「タイレル」と発音されていた。
1976年10月24日の本戦は、小雨と霧の合間をついてのスタートだった。製作モデルは前後6輪ともにレインタイヤを履いたウエットセッティングでセットアップ。
F1 イン・ジャパンの本戦では、コクピットカウルとフロントボディのつなぎ目が防滴テープでシールドされた。テープの質感も忠実に、当日の仕様を再現!
F1 イン・ジャパンで、ティレル P 34に搭載された三角屋根型のエアファンネルカバーも製作。雨中で開催された日本グランプリならではの仕様だ。
前4輪のサスやアーム構造も忠実に。P34ならではのメカニズムを楽しめる。
ボディパネルのリベットや固定具、マーキングもリアルな仕上がり。
ステアリングとインパネの計器パネル。シート右にはシフトレバーも再現。
コクピット両サイドのポートホールはクリアパーツで再現されている。
ドライバーズシートも精密なディテール。シートベルトはリアルな布製だ。
全輪、グッドイヤーのロゴ入りレインタイヤを標準装備する。
金属メッシュやチューブ類の質感と精密さにこだわったDFVエンジン。
エアフェンネルをガードするエンジンカバーは取りはずし自由。
リアウイングを支えるフレーム、排気系の構造も精密だ。
本シリーズで制作するモデルは、Tyrrell P 34の1976年F1世界選手権イン・ジャパンでの仕様を再現したものとなります。本誌に掲載されている商品写真は開発段階のものであり、今後さらなる改良によって当時の仕様がより正確に再現される予定です。
組み立て簡単! 初心者の方も無理なく始められます。
※実際の商品は写真と異なる場合があります。

完成後も楽しい光と音のギミックを搭載!

完成後も楽しめる可動ギミック!

フロントの4輪はステアリングと連動して可動。フロントアクスル、サスペンション、ディスクブレーキも実車同様の構造が楽しめる。
テールライトは、製作中にLEDを組み込むことによって完成後に点灯させることができる。F1のレギュレーションに準じた形状だ。

エギゾーストサウンドが響く!テールライトが光る!

音と光のギミックはリモコンから操作が可能。
※実際の商品は写真と異なる場合があります。

伝説の6ホイーラー、ティレル P34のすべてとF1黄金期の魅力を掘り下げるマガジンコンテンツ!

P34とフォーミュラ1

ティレル P 34が投入された1976年・1977年シーズン、この6輪車がF1世界選手権でいかに戦ったかをドラマチックにたどるコンテンツ。前例のない6ホイーラー開発プロジェクトの始動から、センセーショナルなF1デビュー、カーレース界に旋風を巻き起こして、やがて引退にいたるまでを当時の写真とともにビジュアルに解説します。

F1マシンのテクノロジー

2軸4輪のフロントホイールを可能にした画期的な設計、小径ホイールが生み出すグリップとエアロダイナミズム、V 8エンジン時代の寵児、フォード・コスワースDFVなど、ティレル P34のメカニズムを豊富な図版と資料写真で徹底解説。技術革新の大きな潮流のなかで生み出された、1970年代F1マシンのテクノロジーに迫るコンテンツです。

F1黄金時代

F1世界選手権が世界中のカーレースファンに周知され、選手やチームも国際化した1960年代~ 1970年代。F1の黄金時代を彩った個性豊かなドライバー、ユニークなマシン、出自のさまざまなコンストラクターやチームに焦点を当てるコンテンツ。<ドライバー>と<マシン&チーム>の2つのテーマから解説します。

日本のF1 回想録

日本のモータースポーツ史のなかでF1世界選手権はどのように登場し、多くのファンの心を捉えたのか? ティレル6輪が富士スピードウェイを駆け抜けた昭和51年のF1 イン・ジャパンまでの道のりと、その後の日本のF1シーンを振り返ります。

組み立てガイド

毎号付属するパーツの組み立て手順を3D図を使って解説。ひと目でわかる構成になっています。

『ティレル P34をつくる』特製バインダー(2冊組)

1冊で本誌14冊が綴じられ、コレクションの保存に便利な特製バインダーをご用意いたしました.
サイズ:W 24.5cm × D 6.5cm × H 30cm
本体 990 円(税込)
※ 7 号の発売と同時にご注文を承ります。
※実際の商品は写真と異なる場合があります。
次へ